患者さんへのインタビュー 第七回

こんにちは!取材者の三好です。
今回は、70代の女性で骨の痛みではなく、筋がつったような痛みに悩まされていた患者さんのお話です。

当クリニックに来院されるまでに、他の接骨院に長いあいだ通っていて、マッサージしてもらっていたそうですが、症状の改善は見られなかったようです。
それで、「友達の親戚の方がここへ来て体操をしたら物凄く良くなったって聞いたので。」と、当院へ来て頂いた理由を話して頂きました。

腰と足が辛かったそうですが、ブロック注射を打った事により、「その日の晩から、すぐに楽になりました。」と、喜んでおられました。

また、世間ではブロック注射はあまり良くないよと聞くが、何度も打つわけではないし、こんなにも良くなるのに。と、仰っていました。

一度の注射で痛みが改善し、痛みがなくなった事で体操とトレーニングが行えるようにった。そのおかげで凄く健康になれた。と喜んでおられました。

もう歳だけど、やっぱりもう少しの間、元気でいたいので。と、お話して頂きましたが、 少しの間といわず、永く健康が保てるように体操を続けて欲しいです。

※喜多クリニックで教えている体操は、脳と体をうまく一致させて、ストレスと痛みを取る体操です。

お話ありがとうございました。

過去のインタビュー記事の一覧はここをクリック