患者さんへのインタビュー 第十回

こんにちは!取材者の三好です。
今回は70代の女性の方に取材をさせて頂きました。

― どういった病状で喜多クリニックへ来られましたか?

私はね、右の肩が痛くて挙がらなくてね。痺れるとかじゃなかったんだけど。 それで、レントゲンを撮ってもらったら背骨のバランスが悪いからだと言われました。

腰の骨の4番目と5番目は元々悪かったんやけど…。

― それは事前に知っていたのですか?

はい。元々、一回動けなくなった事があってね。あ、でも、注射はした事ないですよ。 コルセットを巻いて、ちょっと安静にして、痛み止の薬を飲んでいたら治ったんだけど。

それで、最近、腰は全く痛くないって事はないんだけど、我慢できるような痛みで。何もしていませんでした。 朝起きた時は動きが制限されるぐらい痛い事もあるけど、動き出したら痛くなくなるんですよ。

で、もう私も年寄やからと思って我慢してたんですよ。
だけど、あんまり動けなくなったらダメだなと思って。それで、来たんですよ。

背骨のバランスが悪いから、疲れない痛みの出ない体をつくる為にリハビリをしなさいと先生に言われて。

― 腰も肩も痛いと辛いですね。

はい。腰も悪いし、肩も悪いし、首も痛いです。

― いつぐらいから通うようになりましたか?

まだ、1ヶ月?ぐらいだと思います。

― 腰が悪くなって動けなくなった時は違う病院でした?

はい。もうずいぶん前ですよ。10年ぐらい前だと思います。

でも、別にコルセットもしばらくしただけで、薬をだされただけです。
それも、もう飲んでいないですね。今はビタミン剤だけです、飲んでるのは。

― 喜多クリニックへ来たのは、どういった理由からですか?

喜多先生は、ペインクリニックで有名な先生と聞いたことがあったので。
ブロック注射も安心して受けられると思って、ここへ来ました。

― という事は、今回はブロック注射を打ってもらいましたか?

はい。一発でめっちゃ効きました!

我慢してたらどんどん痛くなるばっかりやで。って。
だから、痛みを一回取って運動しなさい。って言われました。その時の説明がごっつい説得力があって(笑)

あんまりブロック注射って、したらいかんっていうイメージがあったんです。
だから、ずっと我慢して…我慢してって思ってたんやけどね。

でも、そんなんしてたら、余計反対の腕ばっかり使って疲れが溜まる。そんなことしてたら、関節に良い事なんてないよって。言われたんです。

で、それから通うようになりました。

週に3回来て、家では教えてもらったコアトレーニング(喜多クリニックで教えてくれる体操)をして。

― 肩の具合などは良くなってきましたか?

痛みは無くなりました。嬉しいです。
だけど、お腹をとにかくへっこまさないことには(笑)

結局、お腹まわりが大きいから腰に負担がかかるよと。お腹をへっこまさないと…って説明されたら、本当にその通りですよね。
だから、これからは自分の努力次第ですよね。運動しない事には、体形も変わらないし痩せないので。

他の病院では、きちんと説明してくれなかったんです。説明をちゃんとしてくれると、しないといけないな。っていう気持ちになります。

― そうですね。なぜ必要か。という事が納得できれば、行動にうつせますよね。

― お話ありがとうございました。

他の患者さんとのお話の中でも、納得できれば大変な運動もやろうという気持ちになれるって良く聞きます。

ブロック注射で血流が良くなり疲れや痛みが取れても、そのあと何もしなければ根本的な原因は治っていないので同じように痛みはぶり返します。

痛みが出た原因を改善させなければいけないんです。その為には自分の状態を知ってもらって運動やコアトレーニングを頑張って頂くと効果的。という事ですね。

これからも、頑張って下さいね!

過去のインタビュー記事の一覧はここをクリック