ヘルペス後神経痛


体の左右いずれかの部位の神経に沿って赤い発疹ができ、強い痛みを伴う「帯状疱疹」という病気がある。

 これは子供のころ感染した水痘(水痘瘡)ウイルスが脊髄などに潜んでいて、その後に体力が低下したり、何か大きなストレスがあって免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが増殖して一部の神経に食いつき、皮膚に水疱を作るとともに神経に傷をつけ、激しい痛みを発生する病気である。

 どの年代でも発症するが、高齢になればなるほどウイルスの勢いが強く、神経の傷が大きくなり、水疱が治っても後に強い神経痛が残る。これを「ヘルペス後神経痛」と呼んでいる。

 夜も痛みのために眠れず、人によってはがんの痛みよりも強いときがある。しかし、このヘルペス後神経痛になってしまうと、決定的治療法がない。

 予防としては、できるだけ早期に抗ウイルス剤の投与や神経ブロックを行いウイルスの増殖を押さえることである。

 特に神経ブロックは、発疹のできはじめに行うと非常に効果があり、ヘルペス後神経痛になることを予防できる。

 これは、神経ブロックにより局所の血流を改善することと、一時的に痛みを止めて痛みによるストレスから開放し、免疫力を高めるためである。

 それと同時に、運動療法を併用してうまく体力増強できれば、食欲も増し、この「ヘルペス後神経痛」という怖い後遺症を残さずに治癒させることができる。

Leave a Response