人材とシステム


私の友人の息子が現在、米国の大学で基礎医学の研究をしている。

 彼に日本と米国の研究生活の違いについて聞いてみると、米国では彼のボスである教授は自分でいろいろな企業などからお金を集め、部下の給料を払うシステムになっているらしい。

 教授は実績を上げお金を集めなければポストを失う、という非常に厳しい状況におかれているそうだ。だから、いろいろな指示も的確で、仕事がしやすいという。

 一方、日本では教授も部下も大学から給料が出ているため、教授は自分でお金を集める必要もなく、自分で部下を養わなければならないという責任もない。

 

 つまり、米国では教授は部下を養う経営者としての役割もしなければならないが、日本では教授はそこまでの責任は負わされていない。

 このシステムの違いは、責任範囲の広さの違いで、責任範囲が広ければ広いほどさまざまな能力が必要になり、それだけの能力は努力さえすれば自然に備わってくる。よく役職につくことを嫌う人がいるが、自分を大きく成長させるためには、より大きな責任を担って仕事に取り組めば、人は自然と成長するものである。

 政治家をはじめ権限のある人が経営責任を問われない日本では、すばらしい人格と責任感の備わった指導者は生まれるはずがない。

Leave a Response