医療のコンピューター化


医療界にもコンピューターが広く導入され、次第に医療はシステム化されつつある。しかし、医療情報は個人差が大きく、十人十色といってもおかしくないため、システム化にはいくつかの問題がある。

 もちろん、勘や経験に頼っていたものをシステム化することは単純労働を少なくし、合理化されるというメリットも大きい。だが、病気のほとんどが生活習慣病に変わってきた今日、患者の疑問や不安に答えながら、相手に合わせて適切な指導やさまざまなやりとりを、あらかじめプログラムされたもので行うことは不可能である。

 どんなに優れた医療技術があっても、医療スタッフと患者の人間関係が良好でなければ、医療は成り立たない。医療情報が氾濫している現在、それぞれの患者個人に本当に適合した情報がどれだけ伝えられ、それがどのように消化されるかが大切なことである。

 病気を早く治して、しかも同じ病気を再発させないためには、医療は機械化するには非常に困難な領域である。

 コンピューターを利用することで技術面を強化し、患者に接する部分では人間関係に優秀な人材を配し、病気に対するさまざまな知識や情報を患者個人に合わせて伝えられるようにしなければならない。

 ともすれば省力化、合理化の発想が先行してシステム化が進められているが、医療財源が破綻しつつある今日、病気を早く治して再発しないようにするためには、いかに機能面をカバーする人材を育成するかにかかっている。

Leave a Response