心の痛み


ペインクリニックを訪れる患者の中には長い間、頭や背中の痛みで苦しみ、あちこちの病院を転々といている人がいる。このような患者に共通しているのは、見かけは普通の頭痛であったり、腰痛であるが、原因は心因的なものであるということである。

体の痛みは現在のペインクリニックの技術で治すことはできるが、心の痛みは医師の高度な技術だけで治すには無理がある。

例えば、「霊がついているのではないだろうか」とか「過去の因縁ではないのか」といったことを思っている人が、家庭や会社での人間関係に悩んだりすると、体のどこかに痛みが現れることがある。このような心の問題が絡んだ痛みは、なかなか医師では充分な対応ができず、頑固な痛みとなってしまい、医師を渡り歩くことになる。

このような痛みに対しては、医師よりもカウンセラーが対応することが望ましい。ゆっくりと時間をかけて過去の出来事について話してもらうことである。

そして、痛みと心の関係について充分説明し、身体的には何も異常がなくても、心の悩みがこのような頑固な痛みになっていることがはっきり理解できれば、あとはリラックス法を修得したり、運動療法によって、人並み以上の体力をつけることにより、何年間にもわたる頑固な痛みから解放されることになる。

Leave a Response