大阪日日新聞2002年1月9日~2003年12月24日掲載分 毎週更新中

喜多先生の健康手帳

腰痛と心理的要因

Tweet 大抵の腰痛は脊椎の生理的湾曲の異常な人が、運動を怠ったり肥満になって腰部に負担をかけ過ぎた時に起こる。 しかし、若い人で肥満もなく生理的湾曲も正常で運動も適当に行っている人にも、強い腰痛が発生する場合がある。 […]

自律訓練法

Tweet 最近、神経症患者が増えている傾向がある。これら多くの患者が訴える症状は、一日何回もする手洗いをやめられない、少しでも整理整頓されていないと気がすまない、電気やガスの確認を何十回と繰り返す、などである。そして、 […]

コアトレーニング

Tweet 寿命が延びることは大変うれしいことではあるが、一方高齢になると、筋力や反射神経が衰え、ちょっとしたことで転倒しやすくなり、骨折を起こしたりしてそのまま寝たきりになってしまう場合が多い。 原因は人間の二本足歩行 […]

ストレスから起こる病気

Tweet 私たちの身体は何かストレスを感じると、脳の下のほうにある視床下部と呼ばれる重さ約5グラムの小さな器官から、その真下にある脳下垂体前葉にホルモンが分泌され、そこから腎臓上にある副腎の表層部の副腎皮質に命令が下さ […]

医者の仕事

Tweet 私は、20年前から異業種の集まりに参加している。二十数名で、楽しい仲間の集まりだ。月1回程度勉強したり、情報交換をしたりしている。その中で、私は医師として健康の大切さを説き、健康管理について機会あるごとに話し […]

睡眠時無呼吸症候群

Tweet 最近、話題になっている「睡眠時無呼吸症候群」は、太っていていびきをかく人に多くみられる。この病気は、睡眠中に継続的に呼吸が止まった状態(無呼吸)が繰り返され、10秒以上の無呼吸が一晩で30回以上起きているもの […]

『健康管理』再検討を

Tweet 新幹線の運転士が走行中に眠り込むという前代未聞の出来事が起きた。新聞によると運転士は33歳で体重100キロ、高血圧ということであり、睡眠時無呼吸症候群も指摘されている。 いくつかの生活習慣病が存在し、食事療法 […]

人生を生き抜くために

Tweet 快適な環境で飼育された動物と、野生の動物を比較すると、心臓、肝臓、副腎などの臓器の大きさが違う。飼育された動物は、野生の動物より臓器がはるかに小さいことがデータ的に証明されている。 特に、ブドウ糖を作り出して […]

更年期とイソフラボン

Tweet 女性には50歳前後になると更年期といわれる時期がある。この時期には女性ホルモンが急激に減少し、人によっては、のぼせ、イライラ、不眠、手足のひえなどの不快な症状が出現し、体調を崩す。女性ホルモンには、血中コレス […]

体力と国家

Tweet 1960年12月、アメリカの第35代大統領ジョン・F・ケネディーが「柔弱なアメリカ人」と題する演説の中で「・・・体力は、社会の諸活動の基礎である。・・・レジャーと豊かさの時代はわれわれから活力と体力を奪う」と […]